Power Automate for cloudとは

Power Automate

Power Platformの1つである、Power Automate for cloudについて解説します。

この投稿を読むことで、以下の項目について知ることが出来ます。

  • Power Automateの概要
  • Power Automate for cloudのここがイイ・ここがダメ
  • Power Automate for cloudを導入して得られるメリット
  • Power Automate for cloudの実用例

Power Automateの概要

Power AutomateはOffice 365やMicrosoft 365のE3以上のライセンス、またはPower Automate単体のライセンスで契約することで利用可能な自動化フローを作成することのできるDPA・RPAツールです。

今回はPower AutomateのDPA機能である、Power Automate for cloudをご紹介します。

Power AutomateのRPA機能であるPower Automate for desktopは、Power Automate for desktop(PAD)とは?をご覧ください。

Power Automateのここがいい

自動フロー作成がブラウザーで完結する

通常の自動化ツールはデスクトップにインストールしたアプリからフローを作成しますが、Power Automateは自動化フローの作成がブラウザー上で完結します(スマホからもフローが作成可能)。

また、作成したフローはスマホから起動したり、特定の時間に起動したりすることが出来ます。

様々なサービスと接続できる

ExcelSharePointなどのデータソースのデータ操作、TeamsOutlookなどと接続してメッセージを自動送信することが出来ます。

ノーコードでフローの作成ができる

フローの作成画面

Power Automateでフローを作成するのにコーディングは基本的に必要ありません。

他のPower Platformと比べて、比較的簡単に業務効率化することが出来ます。

やりたい処理のブロックを繋げていくことで簡単に自動フローを作成出来ます。

他Officeのサービスとの連携

Microsoftのサービスなので、他のOfficeサービスとの親和性がとても高いです。

特に他のPower Platform(Power BI,Power Apps)との連携により得られるメリットが大きいです。

Power Appsの苦手な処理、できない処理(定期的なデータの更新など)をPower Automateで処理することで出来ることを大幅に増やすことが出来ます。

たくさんのサービスとの連携

Office365系のサービスはもちろん、TwitterGoogleドライブなど多種多様なサービスと接続することが出来ます。

Power Automateのここがダメ

ノーコードの弊害

ノーコード=UIによるフロー作成=言語によるフロー動作の指示が出来ない

というデメリットがあります。

複雑なフローになってくるとプログラミング知識がある方ならこれはコードを書いて処理出来たらいいのに…と思うことがあるかもしれません。

フローのアクション名がとても分かりづらい

以下の写真は、SharePointのアクション一覧です。

項目が何を指しているかがわかりません。

このように、どのアクションを選択すればどんなことが出来るという説明がわかりにくいため、初めは簡単なフローを作成するのにも苦労するかもしれません。

また、日本語が怪しい箇所もいくつかあります。

コーディングがしづらい

以下の写真は、メールにあるURLを取得してTeamsに送信するフローの一部です。

左側でアクションを選択、右側で選択したアクションの式を編集しているのですが、式(コード)を書くスペースがfxと書いてある欄のみしかありません。

欄より長いコードになる場合(ほとんど)は、横にスクロールしなければ見ることが出来ません。

Power Automateで自動化して得られるメリット

無駄な反復業務をやらなくてよくなる

毎日特定の時間にこのExcelから別のExcelにデータをコピーして、、、それが終わったらメールで上司に報告して、、、という業務をすべて簡単に自動化することが出来ます。

無駄な反復業務はPower Automateに任せて、もっと重要な仕事に集中しましょう。

Power Platformで出来ることの幅が広がる

Power Appsが得意なこと(データの入力)Power BIが得意なこと(データの表示・解析)はそれぞれ異なっており、それぞれ単独では出来なかったことがPower Automateを使用して出来るようになることがあります。

Power Automate for cloud活用事例

最後に

この記事では、

  • Power Automateの概要
  • Power Automate for cloudのここがイイ・ここがダメ
  • Power Automate for cloudを導入して得られるメリット
  • Power Automate for cloudの実用例

について解説しました。

Power Platformの中でもPower Automateは最も簡単で最も早く成果を出せると思いますので、Power Platform初心者はまずPower Automateから触れてみるのをおすすめします!

コメント

  1. […] Power Automate・Power Automate for cloudについて→Power Automate for cloudとは […]

  2. […] Power Automate・Power Automate for cloudとは→Power Automate for cloudとは […]

タイトルとURLをコピーしました