Power Appsの角度に関する関数の使い方、解説

Power Apps


Power Appsでの各種関数を備忘録的に初心者の方々向けに説明していきます。

角度について

高校数学で学んだと思います。少し復習しますので、覚えているという方は読み飛ばしていただいて結構です。

度(Degree)

私たちが普段使う角度の単位です。円周を360等分にした弧の中心に対する角度が1°です。

ラジアン(Radian)

弧の長さと等しい半径をもつ時の扇形の半径二つがなす角度が1ラジアンです。

円弧の式より、角度=弧の長さ/半径 です。この値がラジアンです。

π(円周率)

円の周の長さを直径で割ったものです。周の長さがπの時の直径は1なので、半径が1(直径が2)の時の周の長さと角度は2πになります。πの単位はラジアンです。

角度とラジアンの変換

π=180°なので、1ラジアン=180°/π、1°=π/180°です。

構文

Degrees( ラジアン ) //  ラジアン値を度数法に変換した角度
Pi() //  ラジアン値πを返します
Radians( 度 )  //  ラジアン値に変換する角度(度数法)

使い方

実際に画面を見ながら使い方を見ていきましょう。黒に白文字がコード、↑の次に続くのがラベル、ボタンなどにつけられている名前です。

それぞれ正しい値が出力されました。

使用例

角度を利用した計算や三角関数への入力などに使用します。何か思いついたら追記します。

コメント

  1. […] ・角度にかかわる関数の使い方、解説 […]

タイトルとURLをコピーしました