Power Appsアプリ作ってみた日本酒記録アプリ

【Power Appsで日本酒記録アプリ】AI Builderで日本酒の銘柄名検出

Power Apps

Power Appsでデータソースによって自動生成できるアプリをアレンジして、飲んだ日本酒を記録するアプリを作るシリーズです。

今回はAI Builderを使用してぽんしゅ館の利き酒の画像から銘柄などを取得します。

前回

AI Builderのカスタムモデル作成

請求書から情報を抽出するを選択します。

カスタムモデルを作成します。

テキストフィールドを選択して次へを選択します。

銘柄名を取得したいので、BrandNameと入力します。

次へをクリックして、コレクションを作成します。

コレクションごとに最低でも5件以上必要で、20件程度で精度が向上するようです。

銘柄名の部分を選択して、BrandNameと紐付ける作業をコレクションに登録した画像分行います。

作業が完了したら、トレーニングを開始します。モデルの量によっては処理に時間がかかります。

処理が完了したら、公開ボタンをクリックしてアプリやフローで使用できるようにします。

アプリへのフォームプロセッサ追加

日本酒アプリにフォームプロセッサを追加して、アプリからAI Builderを使用できるようにします。

画像列のAddPictureコントロールやImageコントロールを削除します。

画像列のカード内に挿入→AI Builderからフォーム プロセッサを選択します。

作成したモデルを選択します。

カードのUpdateプロパティをFormProcessor1.OriginalImageに変更します。

銘柄名を選択するコンボボックスのDefaultSelectedItemsプロパティを、以下の数式で検出結果によって検索可能にします。

Filter(
    Ungroup(
        AddColumns(
            ["API", "SharePoint"],
            "Data",
            If(
                Value = "API",
                ColBrands,
                RenameColumns([@日本酒マスタ], "ID", "id")
            )
        ),
        "Data"
    ),
    name = FormProcessor1.Results.BrandName.Value
)

銘柄名を正しく検出して、さけのわAPIの結果から検索することができるようになりました。

インプットの画像が少なすぎるので、ぽんしゅ館で試してみた編に続きます。(PR)

コメント

タイトルとURLをコピーしました