Power AppsPower AutomatePower Automate for cloudアプリ作ってみた日本酒記録アプリ

【Power Appsで日本酒記録アプリ】さけのわAPI(日本酒API)で日本酒の情報を取得するフロー

Power Apps

Power Appsでデータソースによって自動生成できるアプリをアレンジして、飲んだ日本酒を記録するアプリを作るシリーズです。

前回

この記事は、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) Advent Calendar 2023 12月15日担当分の記事です。

さけのわAPIとは

日本酒アプリさけのわが保有するフレーバーを数値化したデータや人気銘柄情報を公開するプロジェクトです。利用規約の範囲で誰でも無料で利用することができ、ECサイトでデータを表示したり、アプリやサービスを作ったり、データ解析を行ったりすることができます。

<引用>https://muro.sakenowa.com/sakenowa-data/

さけのわAPIでのデータ取得方法

以下の記事と同じ方法を用いてフローを作成し、アプリにJSONデータを返すことで値を取得・表示します。

今回はフロー部分のみ解説します。

フローの作成

完成系は以下です。

アプリのOnStartで全てのデータをコレクションに格納する想定なので、一つのフローで並列処理することでまとめています。

URLからのファイルのアップロードアクションでGET処理を行い、OneDriveに.jsonファイルを作成します。

取得したbrands.jsonの中身は以下のようになっています。

このファイルをファイルコンテンツの取得アクションで取得して、アプリにJSON文字列として返します。

実行結果を確認すると、正しくJSON文字列を渡すことができました。

続き

次回は取得したJSON文字列をコレクションに格納する方法やAddColumnsによるテーブルの結合などを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました