Power Appsユーザー定義関数関数

【Power Apps】ユーザー定義関数(App.Formulas)で検索結果の件数を表示

Power Apps

ユーザー定義関数(App.Formulas)を用いて、検索結果のヒット件数を表示する方法を紹介します。

ユーザー定義関数の活用例として参考になれば幸いです。

App.Formulasに数式を書く

ギャラリーなど一覧表示している箇所のItemsの数式をコピーします。

AppオブジェクトのFormulasプロパティを選択します。

SearchItems = コピーした数式;と入力することで、SearchItemsをユーザー定義関数として利用できるようになります。

ギャラリーのItemsの数式をユーザー定義関数に置き換える

先ほど数式をコピーしたItemsプロパティに、SearchItemsを入力することでユーザー定義関数を使用できます。
SharePointリストなどのデータソースの処理結果をユーザー定義関数の出力とすると、内部名が出力されるため注意です。

件数をカウントする

CountRows(SearchItems) & "件です"

ラベルを追加して、上記の数式を入力することで件数がカウントできます。
Filter関数などで複雑な条件式を書いていると数式が長くなっていたのが短くすっきりしました。

また以下の数式にすることで、データ行の制限に設定している数値(最大2000)を超えたレコードの場合にはそれ以上のレコードがあることを示せます。

If(
    CountRows(SearchItems) >= 500,
    500 & "+件です",
    CountRows(SearchItems) & "件です"
)
利用箇所が増えれば増えるほど
数式の短縮効果は大きくなる

本筋とは逸れますが、AllItemsCountプロパティでも件数は取得可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました