パフォーマンス

Power Apps

【Power Apps】App.OnStartとApp.Formulasの使い分け

ビリビリ☆Power Apps 同好会 登壇大会#1への登壇ネタとして、App.OnStartとApp.Formulasの使い分けについて考えてみました。細かい話なので読み飛ばしてOK:便宜上App....
Power Automate

【Power Automate】CSV、Excel出力の方法、それぞれの処理時間

Power AutomateでのCSV出力の方法+Excel出力の方法を4つ紹介します。また、5000行のSharePointリストのエクスポートにかかるそれぞれの処理時間を比較しているので、実装方法...
Power Apps

【Power Apps】アプリごと、画面ごとのコントロール数を調べる方法

アプリの複雑度の指標の一つである、アプリのコントロール数の調べ方を解説します。アプリのコントロール数の調べ方を知ることで、アプリの肥大化によるバグの発生やパフォーマンスの低下を未然に検知し、アプリ分割...
Power Apps

【Power Apps】保守性の高いアプリを作るためのガイドライン

保守性の高いアプリを作るために考慮すべきことをまとめました。ローコードツールで省力化できるのはコーディングの部分のみで、それ以外の保守性などについては省力化してはいけません。私も勉強中の身ですので、ご...
Power Apps

【Power Apps】Concurrent関数とは、使い方

Concurrent関数とは複数の数式を相互に同時に評価します。公式より引用並列処理を可能にする関数です。構文Concurrent( Formula1, Formula2 [, ...] )Formu...
Dataverse

【Dataverse VS SharePointリスト】レコード数ごとの各種処理の時間を計測してみた

一般的に「SharePointリストよりもDataverseの方がパフォーマンスが良い」とよく言われますが、どのくらいパフォーマンスが向上するか定量的な指標を知りたかったので計測してみました。この記事...
Power Automate

Power AutomateでSharePointリストの5000件以上のデータを処理する方法

今回は、Power AutomateでSharePoint上に格納された5000件以上の大量のデータを処理する方法をご紹介します。Power Automateで複数のデータを取得・処理するには複数の項...
Dataverse

【Dataverse VS SharePointリスト】コントロール数ごとの各種処理の時間を計測してみた

一般的に「SharePointリストよりもDataverseの方がパフォーマンスが良い」とよく言われますが、どのくらいパフォーマンスが向上するか定量的な指標を知りたかったので計測してみました。Powe...