Office365OutlookPower Appsコネクタ解説

【Office 365 Outlookコネクタ】CalendarGetTablesV2アクションとGetEventsCalendarViewV3で会議予定表や祝日を一覧表示

Office365Outlook

Power Appsには、Outlookと連携することができるOffice 365 Outlookコネクタというコネクタがあります。

この記事では、

  • CalendarGetTablesV2の構文、取得できる戻り値
  • GetEventsCalendarViewV3の構文、取得できる戻り値
  • 祝日の一覧表示方法
  • 会議予定の一覧表示方法

を紹介します。

この記事は、Power Apps Advent Calendar 2023 12月3日担当分の記事です。

Office 365 Outlookコネクタの追加方法

左側のデータタブから、データの追加Office 365 Outlookを選択します。

Office 365 Outlookを選択します。一覧になければ接続の追加をクリックして接続を作成します。

Office 365 Outlookが追加されます。

CalendarGetTablesV2

構文

Office365Outlook.CalendarGetTablesV2().value

戻り値

パス説明
idテキストカレンダーIDです。
nameテキストカレンダーの表示名です。
owner.addressテキストカレンダーの所有者のメールアドレスです。
owner.nameテキストカレンダーの所有者の表示名です。

GetEventsCalendarViewV3

構文

Office365Outlook.GetEventsCalendarViewV3(calendarId, startDateTimeUtc, endDateTimeUtc, {'$filter':text, '$orderby':number, '$skip':number, '$top':number, search:text}).value
//calendarId:CalendarGetTablesV2などで取得したテーブルID
//startDateTimeUtc:取得する予定の開始日時
//endDateTimeUtc:取得する予定の終了日時
//'$filter':列名 eq '検索値'などで検索することができます。フィルタークエリを使用して検索します。
//'$orderby':列名 desc または 列名 ascで昇順/降順を指定することができます。
//'$skip':上から何行目までを取得しないかを指定します。
//'$top':上から何行目までを取得するかを指定します。
//search:件名(subject)列を検索します。

‘$filter’, $orderby’, searchなどはPower Appsの関数で実装した方がよさそうです。

startDateTimeUtc、endDateTimeUtcにはText(Today(), DateTimeFormat.UTC)などでUTCに変換する必要があります。

戻り値

主要な値のみ紹介します。

パスデータ型説明
idテキストイベントのID
subjectテキストイベントの件名
bodyテキストイベントの本文
start日時イベントの開始日時
end日時イベントの終了日時
isAllDayBoolean終日イベントかどうか ( true / false )
startWithTimeZone日時イベントの開始日時(UTC)
endWithTimeZone日時イベントの終了日時(UTC)
createdDateTime日時イベントの作成日時
lastModifiedDateTime日時イベントの最終変更日時
organizerテキストイベント開催者のメールアドレス
requiredAttendeesテキストイベント必須出席者のメールアドレス
※複数の場合はセミコロン区切り
optionalAttendeesテキストイベント任意出席者のメールアドレス
※複数の場合はセミコロン区切り
resourceAttendeesテキスト会議室などのリソース情報
※複数の場合はセミコロン区切り
responseRequestedBoolean応答を要求するかどうか ( true / false )
responseTypeテキストイベントの応答の種類 ( none / organizer / tentativelyAccepted / accepted / declined / notResponded )
それぞれ、なし / 開催者 / 仮承諾 / 承諾 / 辞退 / 応答なし)
responseTime日時イベントの応答日時
recurrenceテキスト繰り返し予定の設定
( none / daily / weekly / monthly / yearly )
locationテキストイベントの場所

祝日の一覧表示方法

CalendarGetTablesV2で日本の休日を選択することで休日を一覧表示できます。

以下の数式でPowerAppsOneGridCalendarsで選択したカレンダーの当月の休日を一覧表示できます。

Office365Outlook.GetEventsCalendarViewV3(
    PowerAppsOneGridCalendars.Selected.id,
    Text(Date(Year(Today()), Month(Today()), 1), DateTimeFormat.UTC),
    Text(Date(Year(Today()), Month(Today()) + 1, 1), DateTimeFormat.UTC)
).value

祝日や営業日の一覧表示は以下の記事も参考にしてください。

会議予定の一覧表示方法

祝日一覧と同じ数式でCalendarを選択すると当月の会議予定一覧を表示できます。

会議予定や祝日の表示を切り替えなくてもいい場合は、以下の数式でカレンダーのidを取得して入力することもできます。

Office365Outlook.GetEventsCalendarViewV3(
    LookUp(Office365Outlook.CalendarGetTablesV2().value, name = "Calendar", id),
    Text(Date(Year(Today()), Month(Today()), 1), DateTimeFormat.UTC),
    Text(Date(Year(Today()), Month(Today()) + 1, 1), DateTimeFormat.UTC)
).value

コメント

タイトルとURLをコピーしました