Power Automateでhtml記述が出来なくなった問題について

Power Automate for cloud

Twitterなどの情報から、Power Automateの”メッセージをフローボットとしてユーザーに投稿する”アクションでhtml記述が出来なくなったようです。その解決策としてのMarkdown記述の方法を説明します。

Markdown記述の表記方法のみ知りたい方はMarkdown記述を使用した解決策からご覧ください。

2020/10/4頃にFlow記述変更が行われた

10/4以前はhtml表記を使用し以下のように記述すると正しく表示されていました。

参考→【PowerAutomate】Teamsにメンション付きメッセージを自動投稿する

しかし、上記のようなhtml記述では10/6現在以下のような記述になってしまいました。

メッセージをフローボットとしてユーザーに投稿する(プレビュー)

・Power Automateでの記述

・Teams上での表示

黒塗りしていますが、メンションのみ今までと同じ記述で通るようです。

メッセージをフローボットとしてチャンネルに投稿する(プレビュー)

・Power Automateでの記述

・Teamsでの表示

”メッセージをフローボットとしてユーザーに投稿する(プレビュー)”と同じく、メンションのみ今までと同じ記述で通りました。

メッセージを投稿する(V3)(プレビュー)

・Power Automateでの記述

・Teams上での表示

入力にそのままhtmlを入力すると上記のようにそのまま出力されてしまいました。

そこで、入力メッセージの右上にある</>をクリックしてコード表示にして上記と同じものを入力するとうまく表示されます。

Markdown記述を使用した解決策

上記のようなhtml記述からMarkdown記述に記述方法が変更されました。Markdown記述での記述方法をいろいろと説明していきます。

ユーザーとしての投稿ではMarkdown記述での表示ができず、ユーザーへの投稿とチャンネルに投稿で表示に違いが見られなかったため、ここでは”メッセージをフローボットとしてチャンネルに投稿する(プレビュー)”についてのみ記載します。

Markdown記述で表示できたもの

メンション(チームにメンションは不可能です)

<at>メールアドレス</at>

強調・斜体

*斜体Italic*  
_斜体Italic_  
**強調Bold**  
__強調Bold__
***斜体Italic強調Bold***  
___斜体Italic強調Bold___

リンク

[表示名](URL)←続けて文字を書くことも可能です

リスト

- Power Automate
- Power Apps
- Power BI

Markdown記述で表示できなかったもの

見出し

# 見出し
## 小見出し
### 小見出しの小見出し

引用

> Power Automate
> 
> さよならhtml

取り消し線

~~html~~

テーブル

| Power Automate | Power Apps | Power BI |
|-----:|:---:|:-----|
| A  | B  | C  |
| D  | E  | F  |

まとめ

ユーザーとして投稿はhtml記述、フローボットとして投稿はMarkdown記述という風に記述方法が分かれてしまいました(2020/10/6現在)。おそらくフローボットの投稿がメッセージカード(投稿の中の青枠)表示になってしまったからだと考えられます。

html記述の時から対応していたものはMarkdown記述でも表示可能なようです。新しく追加された表記方法、間違っている箇所があればご指摘ください。

また、改行がうまくいかないところがあるようですので、理由がわかれば追記したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました